心の病気の相談に乗るのはリラックスできるカウンセリングのKKYヘルス

マグネット入れ歯について近年、歯科医療において入れ歯も日進月歩で進化しており、これまで不便だった、利用するのに躊躇していたと言う問題なども多く解決できるようになってきました。その中でも特に注目を集めているのが「金具を使わない入れ歯」で、とりわけ「マグネット入れ歯」というものの利用が増えてきています。


マグネット入れ歯とは、どちらかと言えば差し歯とインプラントに近い部分もあり、歯の欠損した部分の歯根に磁石の土台を取り付け、上から同じくマグネットを敷いた人工歯を被せることで歯を補うことが出来るというものです。強力な磁石を使い、しっかりと固定するのでおかしなグラつきなどもなく、噛む力も従来のものより強く、自然な食感を取り戻すことが出来るようになります。人工歯も目立ちにくい陶器製や強化セラミック製のものが多く、さらに金具を使うことがないので見た目も自然です。

ただし、素材上保険が適用されない、自由診療のみで行える処置となるため価格は高額になります。とは言ってもインプラントや自由診療のブリッジに比べると遥かにお手軽に導入できることから、歯科治療における一つの選択肢として注目を集めるようになりました。


また、差し歯やインプラントは広範囲に渡る治療が非常に困難ではありますが、マグネット入れ歯の場合は総入れ歯タイプの処置を行うことが出来るため、歯のほとんどが欠損してしまった場合でも相談することによって治療を行うことが出来る場合が多くあります。