歯の治療と予防(赤ん坊の頃からのケア)

ホームへ戻る > 歯の治療と予防(赤ん坊の頃からのケア)

子犬の応急処置(誤飲・火傷)
不動産と道路
新築の見学会に参加する
工務店を使用する前に
リフォーム業者の種類

歯の治療と予防(赤ん坊の頃からのケア)虫歯になったら、早めに歯の治療をするのが大切です。でもその前に、歯の予防をすることも大切です。虫歯は歯の表面のエナメル質が破壊されることから始まります。エナメル質は再生不能です。一度破壊されると、元に戻すことができません。歯の治療で虫歯を治すことはできても、エナメル質を治すことはできません。ですから、その意味で、予防は歯の治療以上に大切なのです。

予防ということで言うと、虫歯菌を口腔内に入れないことが何より大切です。生まれたばかりの赤ん坊は、虫歯菌を持っていません。しかし、多くの人は虫歯菌を持っています。これは、何らかの理由で、虫歯菌が移ってしまったことにより、引き起こされるのです。ですから、赤ん坊の時に、虫歯菌を移さないよう、親が注意することで、子供の虫歯リスクを減らすことができます。2~3歳ころまでに虫歯菌が移らなければ、永久歯の虫歯になる可能性は、大きく低下します。2~3歳までの間に、完璧な対策をとることで、その後の子供の歯を、半永久的に守ることも可能です。


具体的な対策として、哺乳瓶の口は、絶対に親が口を付けない、赤ん坊に与える食事は、親が口で噛み砕いて与えない、家族が使っているはしやスプーンを、赤ん坊に使わせない、などが考えられます。しかし、赤ん坊とスキンシップをしている際に、うっかり口をつけたものを、赤ん坊が口に入れて移してしまうなど、ひょんなところで、菌が移ってしまうこともありますから、現実的には困難な場合も多いかもしれません。