注文住宅と開放感

ホームへ戻る > 注文住宅と開放感

トイプードルは運動がお好き
注文住宅と玄関
注文住宅とエクステリア
賃貸経営の魅力
人間のほとんどは水分でできている

注文住宅において重視されるポイントとして、開放感があります。吹き抜けを採用した空間が人気を集めているのも、この開放感がおもな目的となっています。従来の住宅は基本的に横のつながりが重視されていました。同じ階における間取りや動線への配慮が重視され、縦のつながりへの配慮が希薄だったのです。しかし抜き抜けなど開放感溢れる環境を採用することで、縦のつながりにもこだわることができるようになります。


開放感はさまざまなメリットをもたらしてくれます。家全体が広く感じられますし、1階への採光もよくなります。また家全体の空気が循環しやすくなることで換気環境の向上も見込めます。

それからコミュニケーションの機会の増加。抜き抜けがあれば異なる階にいる者同士が手軽にコミュニケーションをとることができます。また開放的な空間は家族全員が気軽に出入りする雰囲気を作ってくれるでしょう。吹き抜け部分にリビングを設置すれば、自然と家族全員が集まってくる環境を作ることもできるでしょう。


開放感ある家造りはコストの面でもメリットがあります。天井や壁の面積を減らすことで資材や工事の手間が少なくなるため、全体の工事費用を抑えることもできるのです。また、2階の吹き抜け部分は、述べ床面積に含めなくてよい点もポイントして挙げられるでしょう。


このように、注文住宅において開放感あふれる間取りが人気を集めている背景にはこうしたメリットが挙げられるのです。家族全員が快適に、コミュニケーションをとりながら生活できる環境といえるでしょう。注文住宅での家づくりを検討している場合には開放感に配慮して計画を立てるとよいのではないでしょうか。